多汗症とはその名の通り汗が多く出る症状です。
普通、人が汗をかくのは運動をした後や、気温が高く体温を調節する自律神経の働きで汗をかきます。
そして次第に体温がさがると、汗もおさまります。
しかし、多汗症の人は交感神経の異常により、過剰な汗が分泌され、汗が止まらない状態になります。
この多汗症の原因とは、肥満やストレス、極度の緊張、喫煙、食生活のみだれ、ホルモンバランスのみだれ、更年期障害、自律神経失調症、糖尿病などと様々です。
治療法ですが、多汗症の症状のレベルによって変わってきます。
見た目にはわかりずらく、手のひらなどが汗ばむ程度であれば、塩化アルミニウムを汗の出やすい脇の下などに添付したり、イオントフォレーシスという電気治療法や漢方など試してみるといいでしょう。
水滴ができたり、見た目にはっきり分かるような症状であれば、ボツリヌス療法(ボトックス注射)や内服薬の抗コリン薬があります。
しかしボツリヌス療法では効果は半年ほどです。抗コリン薬は全身の汗を出にくくしてしまうため、副作用にも注意が必要です。
水滴が落ち、汗がたまりしたたり落ちるような症状であれば、脇の超音波手術やETS手術などがあります。
どちらも日帰り受けられる手術ですが、やはり手術なので副作用もあります。
自分の多汗症の症状や部位によって信頼できる医者と納得いくまでカウンセリングしてから、治療を受けましょう。
多汗症について詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒多汗症 薬

関連記事