ジョリパットのメリットは、耐久性という点が一番で塗り替え時期は、外壁塗装で塗った場合には15年から20年です。
あくまでもタイミング時期で、色あせなどが強く感じますが耐久性が無くなるわけではありません。
しかし、長い目で見るとそのタイミングで塗り替えた方が、先々のコストを考えると良いタイミングです。
ジョリパットは、弾性や粘りがある性質を持っているので、無地のサイディングなどに塗り、クラックの発生を予防することも可能です。
ジョリパットのデメリットとして、ひび割れが起きやすいと言われますが、全体的に考えるとそれほどではありません。
塗り替えで業者に依頼する際のポイントとして、ジョリパットの接合部分の塗り方を聞いておくのが大切です。
接合部分の特に縦方向に関しては、ジョリパットの弱い部分になり、そこの塗り方をしっかり考えるている業者ならば安心できます。
その回答次第で、外壁塗装を依頼する業者選びの基準にもでき、将来的にひび割れなどのリスクを抑えることにも繋がります。
木造住宅の場合、通気性を良くすることがカビなどから守るには大切です。
ジョリパットは、通気工法にも対応できる外壁材なので、長持ちできる家造りには理想的なものと言えます。

ジョリパットについて詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
ジョリパット 塗り替え時期

関連記事