外壁の色選びは家を象徴する為、特に気を使いますよね。
気に入らないからすぐ変えよと、そう簡単に行かないのが外壁工事です。
お気に入りの色を探すのはとっても大切な事だけど何を基準にカラーを選んだらいいのかお困りの方も多いのではないでしょうか?
では、どの様な基準で外壁の色を決めると良いのか説明します。

汚れが目立ちやすい色は管理が大変。

家の塗装はファッションなどとは異なり費用も高く1度施工してしまえば何年も同じ色の家に住み続けることになるのです。
その間にも汚れは蓄積し続けます。
更にホワイトなどの薄い色は汚れが目立ちやすいのが難点です。
どうしても薄めの色を選びたい場合は小まめにハウスクリーニングを行うと良いでしょう。

玄関のドアなどの変えれない箇所に合わせて選ぶこと。

家には元々入っているドアやサッシといった枠組みが存在します。
この部分は外壁工事には含みませんのでドアの色などを基準に外壁の色を決めることで一体感が生まれ、引き締まったイメージを与える事ができます。

面積効果を考慮して選ぶ

面積効果とは人の錯覚により同じ色でも面積の大きさにより色の見え方が変わることをいいます。
例えるならば明るめの色のカードを引き延ばすと明るさは増し、より明るくなるのです。
逆に暗めカードを引き延ばすと更に暗めの色になります。
家の場合は特にこの面積効果を考慮する事が大切です。
実際に完成した外壁の色とサンプルカタログとの誤差をなくす為にも頭に入れておくとよい知識といえます。
安心して満足の行くマイホームにする為にも外壁選びは家のどの部分よりも慎重に打ち合わせをし施工を進めて行く事がポイントになります。
詳しく外壁の色選びをするポイントについて書いてあるので参考にしてください。⇒外壁 色選び ポイント

関連記事