胸のない私の取り組み

若い頃は少しぽっちゃりしていたので、背中やわき腹の肉が結構ありました。
胸が大きかったわけではありませんでしたが、人並みにバストはあると思っていました。
ところが年を取るにつれて、少し痩せると、バストの肉も無くなってしまいました。
貧相なのは嫌なので、工夫をすることにしました。
まず、姿勢を良くすること。バレエをしている人を見ると、
なんだか気持ちがシャキッとスッキリします。
姿勢に目が行って、胸のことはあまり気になりません。
だから、私もいつでも姿勢に注意することにしています。
歩いている時も、自転車に乗っている時も、背筋を伸ばして移動しています。
もう一つは、いい下着を身に着けることです。
いい下着を付けていると、体が楽で、胸の形も整います。
背中や脇端の肉をグイッと下着の中に入れると胸になり、
毎日続けていると、胸の形が変わってきたような気がします。
服の上に浮き出て来る胸の形もとても変わります。
べチャッと押し付けた感じがなく、胴が細く見えます。

一番気を付けている事

胸の無い私が一番気を付けていることは、ウエストを引き締めることです。
ウエストがキュッと引き締まっていたら、胸は大きく見えます。
体全体を寸胴にしないで、くびれを入れて行くと、胸があるように見えます。
細いウエストは効果的なので、寝る前にヨガをしたり、食べ物に気を付けたり、
腹式呼吸をして、お腹を鍛えたり、毎日の生活の中で取り組めることをやっています。
胸は大きさだけではありません。
小さくても大丈夫。工夫次第で周りをドキッとさせることが出来ます。

参考はこちら →マシュマロヴィーナス

関連記事


    やはり気になる乳ガン バストのケアで絶対に忘れてはならないことが「乳ガン」です。 最近、乳ガンはとても増えているのをご存知ですか? また、年齢の若い患者さんがとても多いんですよ。 ですので、年齢に関係…


    やる決心がついたら、継続するように意識してください。 何にでも当て嵌まりますが、いかなるバストアップ方法でも、 いわゆる三日坊主で早くに放棄してしまえば、結果は出ません。 バストアップ方法には「即効性…


    睡眠時は、日中の活動時と違い色々なコースより重力が生じます。 その影響を受けて、両脇や背中、 おまけにおなかにまでないと困るおっぱいのお肉が流出るのです。 そうなったら、おっぱいのフォルムの破壊の発端…