外壁リフォームの種類として「モルタル塗装」と「サイディング」があります。
リフォーム費用を安く抑えられる塗装か、家の印象を大きく変えるテクスチャーを持ち合わたサイディングを自分の目的などに合わせて選ぶと良いでしょう。
モルタル塗装は、セメントと砂を混ぜて水を加えて練ったモルタルを下地に、樹脂系の塗料を拭き付けしたり、コテやローラーで模様付けして仕上げます。
最近は、自然素材の漆喰や珪藻土の塗り壁も風合いが良く人気です。
再塗装は7年から8年を目処に必要です。
サイディングとは、ボード状の外壁材です。
工場内で生産され品質が均一化されており、タイル調やレンガ調、石目調などのデザインがあります。
ボード状の外壁材を下地に釘で打ちつけ、施工を行います。
種類として、スチールやアルミを表面材として中に断熱材を入れて成形した金属系サイディングとセメントなどを主原料として木片や無機物を混ぜて強化しプレス成形した窯業系サイディングがあります。
金属系サイディングは断熱性や防音性に優れ、軽くて、建物に負担を掛けないのでリフォームに最適の素材です。
既存の外壁材の上から貼る重ね張りにも対応できます。
窯業サイディングは、リアルなテクスチャーを表現したものもあり、色やデザインが豊富です。

参考:外壁リフォーム 種類

関連記事