白ニキビはニキビの初期状態です

ニキビといえば赤いできものを思い浮かべてしまいますが、赤く腫れる前の段階のものもニキビです。
それは「白ニキビ」といって、白くてほんの小さなできものが出ている状態のことです。
毛穴に角栓が詰まってその中に皮脂が溜まり始めて、その様子が白くなって外からわかるようになってきたのです。
初期ニキビと言ってもいいでしょう。

赤く腫れていないので、まだ炎症は起きておらず、皮膚の損傷はまだわずかです。
痛みや痒みもありません。アクネ菌がまだ存在していないか、存在しても増殖が始まっていない状態です。
したがって、白ニキビのうちにケアして治療していくことに越したことはありません。
重症化する可能性はゼロに近いですから。
日頃から自分の肌をよく観察して、白ニキビができているのを見逃さないようにしましょう。

白ニキビを炎症させないようにするには

白ニキビのままで抑えるにはどうすればよいのでしょう?
いくつかのアプローチがありますが、一つは白ニキビの「もと」を増やさないように皮脂の分泌を少なくしようという考え方です。
実際、この対処法も試されていて一定の効果は上がっていますが、根本的な解決法とは言えません。

・男性ホルモンを抑えて、角栓を詰まらせない!

もう一つは男性ホルモンの働きを弱める方法です。男性ホルモンが女性の身体の中にもあるのはご存じのことだろうと思いますが、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが保たれていることが重要になってきます。
男性ホルモンが多くなると、毛穴の柔軟性がなくなり穴が小さくなる傾向が出てきます。
すると角栓が毛穴に詰まりやすくなって、白ニキビのもととなります。

男性ホルモンが増加するにつれて皮脂の分泌も増加する関係性もあるので、男性ホルモンを抑制することは二重の意味で白ニキビを防ぐのに効果があります。
女性ホルモンを増加させるホルモン療法が根本的な治療法です。

ルフィーナについて、私はここを参考にしました⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事

    None Found